セックスフレンドと聞くと、露骨に顔をしかめる人は少なくありません。
なぜならその人たちの考えるセックスフレンドとは、セックスに飢えた男女がただ身体を重ね合って性欲を満たすだけに付き合っているというイメージだからです。
確かに、そんな付き合い方をするセックスフレンドも少なくないかもしれません。
しかし、すべてのセックスフレンドがそうとは限らないのも事実です。

男女のいろいろな愛の形

セックスフレンドという割り切った関係を持つ男女でも、いわば「普通の人間」です。

身体を重ね合っているうちに相手に対して密かな感情が湧いてきても不思議ではないといえます。
実際にお互いが思いを抱きあうようになって、恋愛に発展して今では恋人同士として付き合っているカップルどころか、結婚に至るケースも少なくないといいます。

セックスという普段人には見せない部分を開放してそこからスタートした関係だからこそ、恋愛関係になれば結びつきがより一層強固になるとは考えられないでしょうか。
しばしば愛にどれが正しい、どれが間違っているというものはないといいます。
セックスも同様です。

表立って誰も表明しない秘め事であるセックスだからこそ、どんな関係が正解でどんな関係が不正解などないのです。
お互いがセックスを楽しむ割り切った関係であるセックスフレンドも、数ある男女関係のうちの一つといえるのです。

普通に恋愛をして結婚した夫婦でも、やがてお互いに愛情が薄れ「仮面夫婦」となってしまうケースもよくあるようです。
そんな男女とセックスフレンド、どちらが好ましいのでしょうか。

セフレも普通の人間です、優しくしてください

セフレとはあくまでもセックスを楽しむだけ、恋愛感情を抱いてはいけないと一般的にいわれます。

特に恋人のいる人や既婚者なら絶対ですよね。
そのためにセフレとはまったく無感情で接し、まるで機械と付き合っているような態度を取る人もいます。

もちろんこの対応を間違っているというつもりはありませんが、セフレといえども相手は人間なのですからこのような態度はいかがなものかと思います。
ただ会えばセックスをするだけで感情を出さないなら、ダッチワイフを抱いているのと変わりません。

セフレとでも時には楽しく会話を交わし、状況が許すならば食事をしたりお酒を飲んだりどこかへ遊びに行っても構わないのです。
それでますますセフレとの関係が深まる可能性もあります。

恋愛感情を持たない関係であっても過剰なまでの無感情はダメ

むろんそのような行動で相手に恋愛感情を抱く恐れがあるというのなら、それは最初から避けたほうがいいでしょう。
しかし、そうでないならば人間同士として普通に接するべきではないでしょうか。

セフレへ過剰なまでの無感情を取る人は、セフレという関係を意識しすぎているように感じられます。
セックスだけを楽しむ男女関係といえどもお互い大人なのですから、素直な感情で接すればいいのです。

その結果相手に対して特別な感情を抱くようになったとしても、それはその人の素直な気持ちの表れなのです。